顔の脱毛で眉の色が白浮きしてしまうのが困る

脱毛をした後、皮膚の色の違いに驚くことがあります。腕や足の毛は、日焼けを防ぐほどの濃さでは生えません。

 

だからそんなに気にならないのですが、眉は違います。

 

いつもと形を変えてみよう、とか前髪を短く切ったから整えなきゃ、と久々に脱毛すると、その部分が浮いてしまうことがよくあります。

 

脱毛した部分がくっきりと、周りの皮膚との境目が分かるほどに白いのです。知らず知らずのうちに日焼けをしている夏の時期は、特にそういうことが起こりがちです。

 

脱毛後が白く浮いたままだと、いかにも今まで手入れをしていなかったようで、恥ずかしいと感じてしまいます。そのため、白く浮いている部分にコンシーラーを塗ったり、ファンデーションを厚めに重ねたりして周りの皮膚と同調させるようにしています。

 

厚めにメイクをすると不自然な感じに仕上がってしまうので本当に困りますよね?

 

ただ最近はあまりその経験がありません。というのも、最近太い眉が流行っているようだからです。地の眉が太い私にとってはありがたい限りです。眉を細く整えれば整えるほど、脱毛後に肌が浮いてしまうからです。

 

細眉ブームが来るのが恐ろしいです。

 

眉の脱毛で色の境目が気になる方は逆に太めの眉にするといいですよ。

 

除毛クリームランキングへ